任天堂「どうぶつの森」が香港のデモ隊の活動拠点?反中アイテム作成で、中国通販から消える!

中国で任天堂どうぶつの森消えるこれはびっくりの話題ですね。

どうぶつの森ってアイテムが作れるということで、香港民主化運動家が、

反中スローガンアイテムを作り拡散しようしていたということらしいです。

香港紙・蘋果日報は「香港のゲーマーがゲーム中に逃亡犯条例反対のメッセージを表示させ、中国当局がゲームの流通規制に乗り出した」と報じた。「どうぶつの森」はゲーム内のアイテムをユーザーが直接作成することができる。それを利用し、反中スローガンが書かれた家具やアクセサリーなどをつくり、ゲーム上で他の人に見せたり、プレゼントしたりする「サイバーデモ」が起きた。http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/13/2020041380020.html?ent_rank_news

うーん、これは何というべきか・・・・

人気ゲームだからこそ起きたものですけれど。

うまい事考えたとおもいますね。

中国で使えるSNSとかは全部当局が監視しているから・・・

でも、すぐ見つかったゃったんですね。

でもすでに持っている人は中国でもたくさんいるとおもいますので、

もう販売とめても、拡散してそうですね。

もしかすると、どうぶつの森狩りでもはじめるのかなあ・・・・

どうぶつの森所持者は、没収とか?

でも同じような仕組みのあるゲームソフトでもできることになると、

それを恐れて、スイッチ本体ももしかしたら、生産停止とか?あるかもですね。

すでに中国で生産がとまっているので、ベトナムで生産することになっていますので、

まあ中国共産党が任天堂スイッチ本体生産を禁止しても日本の品不足はおんなじでしょうけれど・・・

ソフトはどこでつくっているんでしょうか・・・・

中国で売れなくなったものは、どこにいくんでしょうかね。

焼却とか?

中国語版じゃ、安くなっていても、日本で使えないですしね。

タイトルとURLをコピーしました